タグ:ネム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitcoin2_0_nem001-1

    こんばんは。
    少しお休みを頂いてました。
    本日からまた仮想通貨について記事を書いていきます。




    休んでいた間、ネム(XEM)ちゃんにやられちゃいましたねー。

    デマ情報?!が流れネムの価格が一時77円に。
    きっと77円で掴んだ人もいるのでは無いでしょうか? 




    ネムの価格を77円にまで暴騰させたそのデマとは?
    NEMがwechat(中国版LINE)と業務提携
    とう言う内容でした。 

    発信源はtwitterみたいです。

     
    誰かが間違った解釈をして、しまったみたいです。
    こちらのツイートにはwechatとの業務提携とは書いてはありません。
    噂が一人歩きして「業務提携」と誤解されてしまい暴騰に繋がったのでは?
    コインチェックのチャットでもネムの話題で持ちきりでした。笑



    しかし、結局この情報がデマだった?となり急落。

    NEM公式のfecebookに投稿がありました。




    ねむ


    内容を分かりやすく翻訳すると

    NEMはwechatとのウォレット提携はありませんよ。
    公表もしてませんよ。
    アプリケーションの開発を独自に行った開発者がベータ版をオンラインテストをしているだけです。
    情報の誤った解釈には気をつけてね〜。



    と言うような内容です。

    そこから一気に暴落するかと思ったら、なんと40円台で落ち着いている。
    デマ?噂?によって底上げされてしまいました。笑


    70円台で掴んでしまった方、来年ネムちゃんが上がるのに期待しましょう。
    そして、本当の情報かデマなのか?盛られた情報なのか見極める力をつけましょう。
    新規参入も増えた仮想通貨業界、これからこのような事が度々起こると思います。二度と踏まなためにも。




    仮想通貨を始めるならビットフライヤー
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitcoin2_0_nem001-1


    先ほどネムの公式twitterが更新されました。


     翻訳すると

    ネムの日本へ関するサービスについて、 詳細はこちらを(URL)。



    ネムの公式ブログにリンクが飛びます。 
    公式twitterで日本について書かれているのですぐ飛びついてしまいました。笑
    好材料があればネムもついに30円から飛躍するのでは?と思いました。

    ブログの内容を一部抜粋。



    ネムブック
    通帳と同様に、XEMBookではXEM残高とその価値をJPYで確認できます。
    重要度スコア(アカウントで保持されているXEMの金額に基づいています)を確認することができます。
    各取引所でのXEMの現在の価格を確認し、オンライン取引の履歴とハーベスティングからのリターンを確認することもできます。
    XEMBookにアドレスを入力するだけで、ログインせずにすべての情報を1つのページに表示できます。



    マスターノードブック
    マスターノード銀行は、暗号通貨貸出サービスです。
    現時点では、最大2.0%の年間収益率でNEMに入金することができます。
    預金は、満期後に利息を得ることができます。
    顧客からの借り入れた預金を使用してMaster Node Bankが構築したスーパーノードの報酬から利益が得られます。
    報酬は保持され、後に顧客の口座に配布されます。
    スーパーノードを設定すればより高い利益を得ることができますが、それには莫大な金額を預ける必要がありまし。

    マスターノード銀行は、銀行が提供する資金管理に似ています。
    これは、お金を入金し、満期日後に、利子で引き出すことができます。 



    オープンアポスティーユ
    ApostilleはNano Walletで利用可能な公証サービスです。
    アポスティーユは革新的なシステムで、仲介なしで証明書を作成できます。
    Apostilleを使用して、不動産の登録、契約、著作権の所有、特許の登録など、さまざまな資産を正式に証明することができます。

    Open Apostilleでは、Apostilleで作成した公開文書をNano Walletで共有することができます。
    Open Apostilleにファイルをアップロードすることで、誰かにあなたの証明書を共有することができます。 過去の投稿を検索機能を使ってタグ付けすることで、簡単に過去の投稿を見つけることができます。 



    ※ちなみにアポスティーユってなに?と言う方はこちらをご覧ください。 
     

    簡単に説明すると、海外で結婚・不動産契約などをする際に必要になる公印をデーターにしてオープンアポスティーユにアップデートすると
    携帯に入れて持ち歩ける!過去の投稿検索可能!超便利!
    って感じらしいです。 

    日本で平々凡々と過ごしている人にはあまり関係のない機能のようです。




    以上がネムの公式ブログに投稿されていた内容の抜粋です。 
    個人的にはあまり好材料になるとは思わなかったのですが、皆様はどうでしょうか?

    最新情報が届き次第また更新いたします♬


    仮想通貨を始めるならビットフライヤー
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

     

    このページのトップヘ