こんにちは( ´∀`)
凄く久しぶりのブログ更新失礼致します。
今回は下落している現在の相場に悲観しているだけではなく!下がり続けるチャートなんて見てないで勉強をしましょう!という内容です。 

お勉強というとあまり気は進まないと思いますが、覚えていて損は無いので騙されたと思って読んで見て下さい♪ 




今回取り上げるお勉強内容は
グランビルの法則です

この法則を理解すると買い時・売り時が分かる?! 
※テクニカル分析の為簡単ではありません。ある程度勉強してチャートを見て復習を繰り返して身につきます。 





 
では、管理人お手製の図を見ていきましょう(笑)
チャート

これだけだと分かりにくいのですが
★緑の丸が  買い時
★赤の丸が  売り時
を表しています。
 


★買い時
一番左の緑の丸から・・・

  • 下向きだった移動平均線が上向きに変わりライン(実体)に重なり突き抜けた時
  • 上昇傾向の移動平均線に対してライン(実体)が割り込んだ後に反発して再び移動平均線を突き抜けた時
  • 上昇傾向の移動平均線の上で一時は下落したものの移動平均線に割り込まず反発した時
  • 下降傾向の移動平均線にライン(実体)が大幅に割り込み乖離が大きくなり、リバウンドした時
※4つ目は初心者にはあまりおすすめしません。



以上の4点が買いポイントになります!





★売り時
 一番左の緑の丸から・・・


  • 上昇傾向の移動平均線をライン(実体)が大幅に上回り乖離が大きくなった時
  • 上昇傾向だった移動平均線がヨコヨコか下降傾向になり、ライン(実態)が割り込んだ時
  • 下降傾向の移動平均線をライン(実体)が上回り一時越えたものの再び下落して移動平均線に割り込んだ時
  • 下降傾向の移動平均線に向かってライン(実体)が上昇したものの、移動平均線にタッチせずに反発して下落した時


以上の4点が売りポイントになります! 




文字と図を照らし合わせると意外に簡単なんじゃ(*゚▽゚*)?
と思うかもしれませんが、簡単なら誰でも儲けれます笑

まずは実践する前に復習!!



 

チャート02

最近のETHのチャートでみていきましょう♪
今回は買い時のシグナルのみです。

一番左から・・・

 

  • 下向きだった移動平均線が上向きに変わりライン(実体)に重なり突き抜けた時
  • 上昇傾向の移動平均線に対してライン(実体)が割り込んだ後に反発して再び移動平均線を突き抜けた時
  • 下降傾向の移動平均線にライン(実体)が大幅に割り込み乖離が大きくなり、リバウンドした時




ラインでは無いので分かりずらいかもしれませんが、 出来ればラインよりも実体でチャートは見た方が良いと管理人は思います。

他にも色々な通貨のチャートを見て復習をしてみましょう(^ ^)

ちなみにチャートの復習をするのはこちらのサイトがおすすめです♪

暗号通貨リアルタイムチャート




管理人もチャート分析はまだまだなので今後も勉強していきたいと思ってます♪
おすすめのチャート分析があればまたブログで紹介致します(*゚▽゚*)