メックス



この記事は海外で最も利用されている仮想通貨FX取引所『BitMEX』をご紹介します。
日本語にも対応しており、日本人の方も多く利用している取引所です。
人気の理由、登録方法、入金方法など詳しく解説致します。




 目次 
記事トップ
BitMEX(ビットメックス)が人気の理由
BitMEX(ビットメックス)の登録方法
 ●必要項目の入力
 ●送付メールの確認
 ●二段階認証設定
 ●BTCの送金方法
知っていると便利!デモトレードも出来る




BitMEX(ビットメックス)が人気の理由

2017年11月〜のBTCの急騰。2018年1月のBTCの暴落。
アルトコイントレードでの利益が作れなくなってしまいBTCFXに手を出している人は少なくないのではないでしょうか。
国内、海外で多くの方に利用されているBitMEX(ビットメックス)が何故そこまで人気なのか?
人気の理由には以下が挙げられています。

●BitMEX(ビットメックス)はレバレッジが最大100倍
●追証(借金リスク)が無い
●日本語に対応している(その他4カ国の言語に対応しています)
● 取り扱い通貨が全8種類(BTC,ADA,BCC,EOS,ETH,TRX,XRP,LTC)
●サーバーが軽い
●紹介リンクから登録すると手数料が半年間安くなる
●登録は秒で終わる


レバレッジとは?
預けたお金に対してどれくらい動かせるか決める数字です。
<例>レバレッジ最大10倍で1万円預けた場合、10倍×1万円で最大10万円分のトレードができてしまうのです。


追証とは?
証拠金維持率が一定の額を下回ると発生する金額の事。
追証が発生すると追加で証拠金を預けなけれはいけないので維持率が下がれば下がるほど、マイナスになってしまう。


どのくらい手数料安くなるの?
紹介リンクからの登録ですと、6ヶ月間だけ10%安くなります

いかがでしょうか?BitMEX(ビットメックス)いいかもって思いましたか?




BitMEX(ビットメックス)の登録方法

BitMEX(ビットメックス)の登録は本当に簡単。秒で終わります。
又、KYCも必要無いので手間もほとんど掛かりません。

こちらの紹介リンクから登録すると半年間(6ヶ月間)手数料が10%割引になります。





必要項目の入力

登録02

紹介リンクから飛ぶと上記の画面が表示されます。
各項目を全て埋めてください。最後のチェックボックスにチェックも忘れずに。
「登録」ボタンを押すと仮登録の完了です。

登録04

メールが送付されるので確認しましょう。


送付メールの確認

登録05

登録時に入力したメールアドレスに確認メールが送付されているので、確認しましょう。
間違い無いようでしたら「メールを検証」のボタンをクリックして下さい。


登録06

以上で登録は完了しました。


二段階認証設定

登録07

トップページ上のメニューバーにある「アカウント」をクリックして下さい。

登録08

左のサイドバーの「マイアカウント」をクリックして下さい。

登録09

二段階認証を有効化の項目があるので、タブの「Google Authenticator」を選択します。
QRコードと認証コードが表示されるのでお好きな方で登録して下さい。
登録が完了したら、表示されているBitMEX(ビットメックス)のコード6桁を送信ボックスに入力して送信して下さい。
以上で二段階認証の設定は終わりです。


BTCの送金方法

登録10

サイドバーの「入金」をクリックして下さい。

登録11

BitMEX(ビットメックス)のウォレットアドレスとウォレットQRコードが出てくるので、こちらのアドレス又はQRコードを読み取って送金します。
以上で登録方法の紹介は終わります。楽しいFXライフを満喫して下さい。



知っていると便利!デモトレードも出来る

BitMEX(ビットメックス)にはデモトレード版のサイトもあります。

●FXはしたいけど、実際のお金を使ってするにはまだ怖い
●エアートレードだとやった実感が無い
●操作方法や感覚を身に付けたい
デモトレードはこんな方にオススメです

登録方法は先ほどと全て同じです。
そして大変有難い事に既に0.1BTC分が入金されております。
なので、登録してすぐにデモトレードができるんです。









まとめ

BitMEX(ビットメックス)ではBTC以外に他7種類のアルトのFXが出来る事が個人的にとても嬉しいです。
そして日本語に対応している為、知らない単語があった時にわざわざ翻訳サイトで調べなくて良いのもとても嬉しいですね。
私はあまりFXはしませんが、現物だけれはなくFXも勉強しようと思っています。
興味がある方は是非BitMEX(ビットメックス)仮想通貨FXしてみては如何でしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。